繁盛している治療院とそうでない治療院は、何が違うのか?

繁盛している治療院とそうでない治療院は、何が違うのか?

一概には決め付けられませんが、今まで様々な治療院を見てきて、
はやっている治療院には、ある特徴がありました。

はやっている治療院によく見かける特徴は?


 〇元気がいい
  スタッフ全員でかけ声
  活気がある


 〇愛想がいい・愛嬌がある
  ショート会話


 〇新患に対して
  「ここがこうなっているので、こういう方針で治療していきましょう」と
  患者さんに治療方針をしっかり納得させている
 

 〇くつろげる空間を演出している
  ミネラルウォーター
  週刊誌
  患者さんがリラックスできるように


 〇整理整頓されている
  建物の新しさではなく、どう整っているのか
  清潔な雰囲気


 〇笑顔・あいさつ
  やはり、はやる院は笑顔にあふれている
  笑いが絶えない



 たくさんの治療院を訪問している、製薬会社や医療機器メーカーの営業担当の方に伺ってみても、やはり同じような回答が得られました。

 とくに整理整頓・清潔感は、私たちが思ってる以上に重要なポイントのようですね。

初回が大事です

 初回が大事です。 その患者が2回3回と来院してくれるかは、初回で治療効果をはっきりと実感してもらえるかにかかっています。

 「腰がまえより曲げられるようになった。」「痛みが少し軽くなった。」小さい変化でもいいので、必ず実感させてあげてください。

 それによって患者は「治るかもしれない」と希望を感じて、通院する必要性と価値をかんじるのです。

 治療が終わったあとに、「腕がこんなに上がるようになりましたね」とか「痛みが軽くなりましたか」と患者に問いかけて、しっかりと治療効果を自覚させてあげてください。

媚びてませんか?

的確なアドバイスと治療を行うために、「媚びる」ことをしない

 患者さんに来て欲しいですか? それは来て欲しいですよね。

 でも患者さんは、「お客様様」ではありません。 患者さんは、治して欲しくて来ているのです。 そしてあなたは、患者さんの悩みを解決してあげる立場にいます。

 つまり、患者に媚びてはいけないのです。 いろいろと話を聞いてあげたりしても、こちらが指導する立場であることを忘れないでください。

 患者さん欲しさに、「患者様は、神様だ。」と媚びてしまうと、「もっとこうして欲しい」とか「こっちを揉め」とか要望が増えたり、予約時間を守らなくなります。そして患者の要求にふりまわされたあげく、じゅうぶんな治療効果も出せず、お互いが満足できない結果に終わってしまいます。

 「私のやり方についてこれない人は、ついて来なくていい」 繁盛している治療院は、必ずこういうスタンスを持っています。

 それは、責任を持って患者さんの治療にあたりたいからです。