夢はもってますか?

夢をもちましょう


 独立開業をめざすなら、ぜひ夢をもってください。

 また、すでに独立開業されている方も、もう一度、開業当初に抱いた夢を再確認してみてください。

 世の中で名の通った成功者のほとんどは、明確な夢を抱いていました。
 夢を求める心が強いほど、モチベーションも上がり、不思議と良いアイデアも浮かびます。
 さらに障害や困難に遭遇したときに、それを乗り越える原動力にもなります。

 夢をもつことは、想像以上に重要なことなのです。 

 夢は仕事にまつわることでもいいし、仕事以外のことでもいいです。
 ただし、その夢は、自分だけの喜びを目的としてはいけません。

 自分の幸福だけを最優先し、短期間で財産を築いた人も世の中にはけっこういます。 
 しかしそういう人々は、不思議なんですが、人生を悲惨に終えることが多いです。

 夢をかなえることで、自分も幸せ、そしてまわりの人々も社会も幸せになれるような夢を、どうか抱いてください。

 それが一番の成功の秘訣であったりします。

 事実、世の中の成功者たちは、自分のこと以上に社会や地域の為に行動した人が多いです。


 誰かを喜ばせたいという夢には、それを見失うことさえなければ、不思議と追い風が吹いてくるようですね。

明確な目標が成功の鍵

 明確な目標を持ちましょう。

 夢を抱いたら、次はその夢をかなえましょう。

 夢は抱くだけではダメ。 夢はかなえるものです。 
 夢の具体的な実現のために、目標を具体的に立てて、具体的に取り組むのです。
 数字も目標にいれましょう。 あなたの夢を実現するためには、あなたの治療院経営の成功が不可欠だからです。

 2〜3年で年収1000万円実現。 技術と正しい経営ノウハウがあれば、これは難しいことではありません。

 「こういう仕事で、たくさん稼ごうと考えるのは、良くないことじゃないか?」と思う人もいるかもしれません。

 でもたくさん収入を得られたということは、たくさんの患者さんを満足させてあげた結果おこることで、それだけ社会に貢献しているということです。 おそらく、たくさんの患者さんに、感謝されていることでしょう。

 儲けることは悪いことではありません。 むしろ良いことです。 患者さんも景気の悪そうな治療院よりも、景気の良さそうな治療院を選ぶ傾向があります。

 ただやっぱり、儲けが優先されてはいけません。 あくまでも、患者さんが満足したその結果として儲かる、という大前提を忘れないでくださいね。 せっかく人から感謝されるこの仕事を選んだのだから、自分を含めてみんなが幸せになれるような、治療院経営をめざしましょう。