マナー向上で患者が増えた


従業員のマナー向上で患者が増えた
読者の声:東京都豊島区 接骨院院長 匿名希望 43歳


技術を磨くことは当たり前のことです。それ以外に何か差別化を図らなければ生き残りはできないと思います。
その一つとして「接遇マナー」の向上について自分の経験をお伝えし、少しでも同業者の参考になればと思い投稿しました。



 私は都内で従業員4名と治療院を運営しております。当院には老若男女、(若干中年・初老女性が多いですが)さまざまな患者さんが来院されます。この地に開業して10年ほど経ちましたが、地元商店街の寄合やイベントなどにも積極的に参加し、地域にとても根付いた治療院になったと自負しています。

 さて、今回お手紙を差上げるきっかけとなった「患者接遇マナー」についてですが、これはこれからの手技療法業界において大変重要になってくる事柄だと思います。
続きを読む

治療院業界への女性の進出

治療院業界への女性の進出  優秀な人材の確保

治療院を経営するにあたって「人材確保」は優先順位の高い要素です。手技療法に長けた人、インフォームドコンセントが得意な人、スポーツ生理学に通じる人など、さまざまな得意分野を持つ治療家がいますが、最近は「女性の治療家」に対する女性患者からのニーズがあると聞きます。今回は、最近増えつつある女性柔道整復師の雇用について考えてみようと思います。


  バックグラウンドが多様化する柔道整復師、女性の進出は、治療院を活性化する要素に!?

続きを読む