大澤整骨院(世田谷区)

接骨院・訪問インタビュー'07年7月
 現在 ご活躍中の先生の治療院に訪問しました。

今回は、大澤整骨院院長 大澤哲郎先生にお話しをうかがいました。

大澤院長

大澤先生は、世田谷区で独立開業して1年と2か月になります。

大澤内観
京王線 下高井戸駅徒歩1分と立地条件も良く、

バリアフリーで清潔な内装と院内の広さが印象的でした。


 院内が広いのでじゅうぶんに、運動療法、リハビリができるそうです。

 大澤先生は、専門学校で講師もされており、非常に勉強熱心な先生です。

 座右の銘は、「聴無声凝視無形」

 形無きものをみつめ、声無きものを聴く という意味だそうです。


 ----------------この仕事を選んだきっかけは?

 父親がレントゲン技師や整骨院をやっていて、そういう環境で生まれ育ったせいか、大学を卒業する頃にこちらの道に進もうと決心しました。
 

 ---------------独立開業のきっかけは?

 総合病院、整形外科、整骨院の雇われ院長など、独立するまでに5院ほど経験しました。
 そこでひと通り経験して、どんな患者さんに対しても先が見通せるようになったのがきっかけです。
 最近は、私のように長く経験を積んでから開業する人は少ないかもしれませんね。
「資格をとって、ちょっと研修したらすぐ開業。 でもすべての患者さんに対応できる知識・経験がない。」
 そういうのは嫌だったんです。

 --------------幅広く経験を積んで、満を持して開業されたわけですね。
 --------------それなら患者さんも安心ですね。

  そうですね。 患者さんが中心なので。
 『治療の中心は患者さん!』 これは当院のスローガンなんですが、患者さんがベストな治療を受けられるように周り(スタッフ)が動ける体制をとっています。


--------------大澤整骨院が大切にしていることはなんですか?

 よく「聞く」ことですね。 

患者さんが何を求めて来ているのか、何が辛いのか、生活上どんな支障を抱えているのか、それを判断してその患者さんにあった治療を施すことですね。
 だから、最初にしっかり問診をとります。


大澤全スタッフ

スタッフに関しては、仕事しやすい環境をつくってあげられるよう心掛けています。
信頼関係が大事ですね。



---------------開業して、雇われ院長のときと何か違いはありますか?

 やってることはほとんど変わらないのですが、経営の責任が重くなりました。
 雇われ院長時代も経営には責任をもっていましたが、資産の運用や領収書の扱いまでは気にしなくてよかったですから。



--------------大澤先生は専門学校で講師もされていますし、デスクの横にはたくさんの本がありますが、どうしたらモチベーションもって勉強にとりくめますか?

 医療人として、いろんな人と話をしなきゃならないことがあります。
 それは医師であったり看護師さんであったり他のメディカルの方であったり。
 そういう方と共通の言語をもつために勉強することもありますし、若干違う分野の勉強をしないといけないこともあります。
 自分が知らないことがいっぱいあるんだと気付かされる度に、勉強する必要性を感じるんです。



------------これから開業をめざす人にひとことお願いします。

 軽くはない仕事なので、いつも努力を惜しまないようにしましょう。




--------開業当時からのスタッフの方にインタビューしてみました。
--------------大澤整骨院を選んだ理由は?
大澤スタッフ
  自宅から近かったのと、オープニングスタッフということで。


----------- 一年たってみてどうですか?

 今まで接骨院のことを何にも知らなかったんですけど、大澤先生には驚きました。
 ここまで患者さんに親身になってくれる先生は、はじめてお会いしました。
 先生は、患者さんのことをよく覚えてるんですよ。 それが患者さんにとってもいちばん嬉しいと思うんですね。
 患者さんが良くなったら、一緒になって喜んでくれるような先生なんです。
 そういうアットホームな治療院だったのが、ここで頑張ろうと思った理由でした。




大澤外観  
大澤整骨院 

月〜金曜日 午前9:00〜12:30
        午後3:00〜8:00
  土曜日  午前9:00〜13:00

  休診日  日曜日、祝祭日

東京都世田谷区松原3-30-14
 京王線、東急世田谷線 下高井戸駅より徒歩1分
 TEL 03-3327-5980

 http://www.ohsawa999.com/